診療案内

審美歯科(矯正歯科)

矯正について

矯正歯科治療は歯並びや見た目を治療することだけではありません。

正常な歯同士は隣の歯とは強固に点状で接していますが、並びが悪いと面状に接することとなり、プラークが溜まりやすく、またプラーク・コントロールも難しくなります。その結果、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。歯並びが原因で噛み合わせが悪く、顎関節症を引き起こすケースもあります。

欧米では、歯並びを見て家庭環境などの生活レベルを判定される場合が多く、子供達が矯正装置をしているのは当たり前の事であり、一種のステータスとなっています。近頃は半透明なセラミック製ブラケットやストレート・ワイヤーなどを使った、なるべく目立たない装置もあります。内側に装置を付ける方法もありますが、どうしても舌の邪魔となりますので、話し辛いし、プラーク・コントロールも不充分で、動きも遅いので治療期間が長く、治療費も割高となってしまいます。

ご要望の治療方法、治療費等ご相談ください。

歯並び・咬み合せについて

矯正は子供のときにするもの。そう思っていませんか?

歯の美しさと健康に対しての意識の高まりから、最近では「大人の矯正」が増えています。 口元は、その人の印象や表情を決める大切な要素。 そして歯並びの悪さから、「見た目を気にして思うように笑えなくなる」 「人と関わり合いたくなくなる」という精神的な影響が生まれることもあるのです。

近年では美容感覚・エステ感覚で歯科矯正を受ける方が増えています。

また、歯並びが悪いと歯磨きが上手にできず虫歯や歯周病を誘発しやすくなります。
歯並びと噛み合わせを整えることから、 全身の健康を手に入れましょう。

歯並び・噛み合わせが悪いと・・・

  • 歯磨きがしづらく、虫歯・歯周病になりやすくなる
  • うまく食べ物を噛めないので、胃腸に負担がかかる
  • 食べものをきちんと噛めないまま飲み込むため、肥満になりやすくなる
  • あごがずれて背骨が歪み、姿勢が悪くなる
  • 顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすくなる

矯正というと、どうしても金属の装置やワイヤーを歯の表面に取り付けるイメージがありますが、最近は矯正装置が透明なものや、歯の内側に取り付ける装置(舌側矯正)、取り外し可能な装置(インビザライン、クリアアライナー)など、治療中でも周りから気づかれにくいものもあります。

詳しくは御相談ください。

歯並びの種類

不正咬合(歯並び)の種類

名 称 説 明
叢生 叢生
(そうせい)
でこぼこに生えた乱ぐい歯、犬歯が飛び出した八重歯のことを言います。顎に対して歯が大きい、または顎が小さすぎて歯がおさまらないことが原因です。
上顎前突 上顎前突
(じょうがくぜんとつ )
上の歯が出っ張っているいわゆる出っ歯です。
反対咬合 反対咬合
(はんたいこうごう)
一般的には受け口と言われ、上下の咬み合わせが逆になっている状態。
開咬 開咬
(かいこう)
奥歯で咬んでも前歯は咬んでおらず、上手く咬めない、また口が閉じにくい状態
空隙歯列 空隙歯列
(くうげきしれつ)
歯の間の隙間が大きいすきっ歯。
このページの先頭へ

アクセス

〒368-0062
埼玉県秩父市蒔田2273-1
0494-27-7007

診療時間
9:00~13:00/15:00~19:00

  • 水曜日は特診日です。
  • 土曜日は17時まで

休診日:日曜日・祝日

詳しくはこちら

  • 院長ごあいさつ
  • QA
Copyright(C) とみた歯科医院. All rights reserved.